furosemidelasix-online.net

地震などによって住まいの価値が大きく変わる

トラブルが起きた際に住まいを修理してくれる業者を探す それぞれの市区町村などではハザードマップと呼ばれる地図が作られています。一見普通の地図のように見えますが色で塗り分けられれています。いろいろなタイプがありますが、地震が来て津波が来たとしたらどのあたりまで達するかがわかるようになっています。自宅が大丈夫か確認をする必要がありますし、周辺地域にも危険なところがないかを確認することができます。

ハザードマップでは完全に安全なところと心配なところが区分けされます。当然ながら安全なところは住まいの価格もそれほど影響しません。場合によっては高くなることもあります。一方心配とされているところの価値は変わる場合があります。元々いい立地だったにも関わらず浸水の可能性が出てくれば一気に評価が下がります。実際に起きていなくても気にしないといけません。

実際に地震が起きたり津波が来た場合にはその時にも価値に影響することがあります。たとえ建物に影響がなかったとしても地震があるところとして評価が下がることがあります。事前に地震が起きることが分かっていればその前に売却したりすることができますが実際には無理です。自宅の価値が今どうなるか、地震でどうなるかを把握しながら住むようにしないといけません。

Copyright (C)2019トラブルが起きた際に住まいを修理してくれる業者を探す.All rights reserved.